防犯カメラを設置するなら目立つ場所がおすすめ

万引きを防止したいのであれば、防犯カメラを設置するのが一番効果的だとされています。防犯カメラに見られているのであれば犯罪行為は行わないでおこうと考える人が多いからです。そのため、もしもカメラを設置するのであれば、しっかりとお客さんから見える位置に設置するのが望ましいです。お客さんからわからない場所に置いても、犯罪抑止効果はそれほど期待できません。万引きは犯人が分かって商品が返ってきても、警察の事情聴取等に付き合わなくてはいけないので仕事の邪魔になります。重要なのはいかにして未然に防ぐかということです。防犯カメラで録画中という張り紙をしたりするのも効果があるでしょう。最悪の場合は、カメラはダミーでも問題がありません。万引きをしようとしている人に心理的な圧迫感を与えることができれば目的は達成したも同然だからです。

防犯カメラの必要性と安全対策

日本は治安が良いということで、今でも海外のいろいろな国よりは治安が良いということになっていますが、しかしそれも毎日のニュースを見ていると危なくなってきているようにも考えられます。都会でも未だに解決していないニュースなどがあるということですし、外国人などの犯罪も多いということで、安全対策を自分たちで行わないといけないという時代に入ってきたことは間違いないということになります。その対策としては防犯カメラが有効になります。統計でも防犯カメラがあるところの犯罪率とないところの犯罪率ではだいぶ差があるということになっていました。それはどこの国でも同じということで、見られていると犯罪は侵さないということになりますし、捕まって刑務所に入りたくはないということでも、防犯カメラの威力は大きいということが言えます。

防犯カメラの必要性とマンション

防犯カメラの犯罪の抑止力ということでは、ないところよりもあるところの方が抑止力も強いということになりますが、特にマンションなどの建物内では、死角があるとそこで犯罪などが行われるということがあります。例えば誰もいない駐車場やエレベーターの中などは、注意すべき場所になります。映画やドラマでも駐車場の犯罪の場面が多いですが、誰もいないということでは注意が必要な場所です。案外セキュリティホールになっていたりしますが、防犯カメラが設置されていれば、抑止力としても誰もいないということにはならないので、効果が高くなるということになります。そのほかエレベーター内も同じです。誰かいればそのほうが良いのですが、万が一いない場合にも、防犯カメラはひとり分の防犯担当者ということで役に立つ可能性が高いということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*